ローズアンドコイとは

 

薄さ4.1㎜、360°美しい腕時計

Rose&Coy (ローズアンドコイ)

main_3951.fit-scale.jpg

 

伝統と現代テクノロジーの融合

~時計離れが進む若い世代に、時計の良さを知ってもらいたい~

Rose&Coyは15年のキャリアを誇る腕時計デザイナー、ジョン・ローズの手によって生み出されました。特徴はその薄さ、実は1950年代のスイスに影響を受けています。当時のスイスが追い求めた薄型デザインを、現代テクノロジーの実現したのです。

 

 

rose.png

毎日の小さなストレスを取り除き

よりスマートに美しく

なぜ薄い時計が現代にいたるまで求められ続けきたのでしょうか。時計の厚さがあり、大きい方が目を引きますし、デザイン性としても幅が広がることでしょう。

一般的にいわれているデカ厚時計と大きく違う点は、実用性にあります。文字盤は薄いですが針をしっかりと読み取るのに十分な大きさを設けているんですね。

また、スーツやシャツとの相性が非常にいいです。オーダースーツを作る際に、時計を付ける袖元を少し広めにする方は少なくありません。厚みのある時計は袖口につかえてしまうからです。Rose&Coyの時計なら、そのような心配は一切ございません。

そもそも時間を知るだけなら今の時代スマートフォンで十分です。しかし、ビジネスの場では腕時計の方が好まれる傾向にあります。それは所作の美しさ、スマートフォンをひらいてみるよりも、腕もとに視線を移す方が、プラスの印象をあたえるからです。

しかし袖口でつかえてしまっては、所作の美しさも半減。スマートさにかけてしまいます。若い世代の方の腕時計離れが進んでいますが、時間をしる以外の役割、そして機能性の良さを是非知ってもらいたい。

伝統と現代テクノロジーの融合で生まれたRose&Coyには、それが出来ると信じています。

 

 

4.png

4.1㎜の世界

「デカ厚」流行の反動から、薄型時計が注目されるようになりました。しかし実はこうした波は、もっと以前にも起こっていたんです。それは1950年代のスイス。

当時スイスでは、薄型時計の試作に励んでいました。ところがなかなか思うようにいきません。実は時計を薄くする作業というのは、想像以上に困難なことなのです。

薄くしたケースに詰める時計のパーツも小型化が求められるため、技術力を非常に要します。現在でもそれは同じで、薄さが増すほど価格も上昇傾向にあります。

そんな中Rose&Coyは、わずか4.1㎜の薄さに時計の全てを詰め込みました。まさに1950年代のスイスが追い求めたデザインを、現代テクノロジーで実現したのです。そして薄さだけでなくフォルムの美しさにもこだわりました。

薄い時計はその薄さ故に、手に張り付くような見栄えになってしまう事が多いのですが、Rose&Coyはナイフエッジと呼ばれる手法で360°どこからみても美しいフォルムを作り上げました。

 

84db481afc4046c7982de15d3cfe0018_590x.png

イタリア製の本革ベルト

革製品が愛される理由の一つに、「物が自分に染まる喜び」があると思います。使う程に手になじみ、色合いも深さをましていく。まるで自分の一部となっていくような感覚は、愛着を飛び越えた一種の感動を与えてくれます。

Rose&Coyのベルトはイタリア製の本革を使っており、裏地には遊び心のあるレッドを差し色に加えました。腕をもたげたときに覗く色味がおしゃれです。コントラストを楽しむことができます。

 

 

4.1_590x.png

ムーブメントは安心の日本製

海外製品の腕時計ではすぐに壊れてしまうのではないかとご心配されるかもしれません。しかしRose&Coyの腕時計は、日本製のムーブメントを使っているのでご安心ください。保証も2年間お付けいたします。